image

星のたより星のたより

  • 日々の活動投稿日:2016年12月19日

    高校生がブナ林の勉強に

    先日、スーパーサイエンスハイスクールに認定されている武庫川女子大学附属高等学校の皆さんが妙見山のブナ林をフィールドに生態学の勉強にこられました。

    当山も支援している能勢妙見山ブナ守の会でたびたびお世話になっている兵庫県立大学名誉教授 服部保先生の講義や会の副会長の説明を熱心に聴いておられました。

    北摂はブナ林の空白地帯となっているなか、なぜ妙見山だけにブナ林が残っているのか、これからの未来を担うかたたちにブナ林の希少性と有用性、また世界規模で見たときのこの場所の位置づけなどを理解していただいたのではないでしょうか。

    3-P1250243