image

星のたより星のたより

  • 寺報「妙乃見山」 / その他 投稿日:2021年01月01日

    1月1日発行 寺報「妙之見山」

    あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願い致します。

    令和3年1月1日 発行の「妙乃見山」です。
    是非ご覧ください。(画像をクリックすると記事ページが表示されます)

    下記、内容を一部ご紹介いたします。


    新年の抱負/箕浦 渓介

    「ああでもない、これはどうかな?」私が小学生の頃から通っている習字教室で中学生の男の子がつぶやいています。どうやら学校に提出するための「書初め」をしているようです。

    その様子を微笑ましく思いながら自らの学生時代のことをふと思い出します。

    書初めの起源は平安時代までさかのぼります。「吉書初め」(きっしょぞめ)という行事が、新年の宮中行事として毎年行なわれていました。貴族たちが集まり、元旦を迎えて最初に汲んだ若水ですった墨を使い、恵方を向いて和歌を披露するというものです。この行事が、現在の書初めの起源とされています。

    その後江戸時代に各地で寺子屋がつくられました。これはさまざまな身分の子供たちが文字やそろばんを習うための学校のようなものです。文字を学ぶ際には当然墨と筆を使います。この中で新年に文字が上達するようにという願いを込めて、書初めが普及したと言われています。

    明治になると義務教育が始まります。この時、墨で文字を書くということも大切だという考えから、書道も義務教育の一環として導入されました。こうして多くの学校では冬休みの宿題として書初めを出すようになりました。学校で書初めを宿題として出すのなら、新年のイベントとしても活用できるという考えが広がり、全国各地で新年に書初めが普及したと考えられています。

    大人になると、新年を迎える折に「今年も健康で過ごせますように」といった願いこそあっても、改まった決意表明はなかなかしないように思います。

    今年は自分なりに新年の抱負を定めてみようか、と思っていた矢先、とあるお寺の伝道掲示板の言葉に「平坦な道を気をつけて歩く」と書かれていました。

    成程、新年だから何か特別な思いや決意を、と意気込むことも良いけれど、普段の「当たり前」と思っていることに、十分気を付けて、大切に勤めることが大事だなぁ、と考えさせられた次第です。

     


    その他記事

    ●目出度うございます/日慧
    「何でお正月にはお目出度うっていうんだろう」何年か前ですが、初詣に連れられて来た子供が二人で話していました。…

    ●<法華経茶話Ⅱ>六波羅蜜
    大乗仏教における菩薩の代表的な修行の一つが六波羅蜜(ろつぱらみつ)です。波羅蜜(はらみつ)とは、伝統的な解釈では「彼岸に渡った」という意味があります。「彼岸」とは…

    ●<星のたより>

    ふと窓の外を見ると手摺に小鳥が二羽とまっています。私と眼が合いましたが、窓ガラスが閉まっているので知らん顔です。でも写真に撮ろうとスマホを持って構えると、…

    ●1月の主な行事/2月の主な行事

    など、日常を仏教の視点から考えるとどうなるのか、仏教の歴史など、ちょっと役に立つ記事やお知らせを掲載しております。

    ぜひご覧ください。